● 病院の沿革

昭和 21年 9月 桑津5丁目に淀井医院として発足し夜間開業す
(院長 淀井 強)
昭和 24年 7月 終日診療 開始
昭和 28年 7月 増改築によりレントゲン室・病室を設ける( 8床)
昭和 35年 1月 病室を増設し淀井病院として開業( 24床)
昭和 41年12月 西側隣接地に新病院を建設( 68床)
昭和 50年 1月 医療法人 淀井病院を改組
(初代院長 淀井 強)
昭和 50年 4月 大阪赤十字病院より、病院長として
増永 恭二郎先生 を招聘
昭和 54年10月 病院増改築竣工( 107床)
昭和 58年 6月 2階病室の一部を改装し重症患者治療室を設置
( 106床)
昭和 61年 4月 X線 CTスキャナー(全身用)を導入
昭和 62年 4月 淀井 省三 病院長就任
平成 8年 3月 ケアミックス病棟に変更
(一般病棟 53床、老人病棟 53床)
平成 11年11月 介護老人保健施設 桑の実 開設
病院一般病棟を 43床に変更
平成 17年 8月 病院を現在地に新築移転
(一般病棟 47床、療養病棟 49床)
平成 22年 3月 多機能介護センター マルベリー 開設
    有料老人ホーム:16室
    グループホーム:2ユニット( 18名)
    小規模多機能型居宅介護
    訪問介護ステーション
平成 24年 4月 介護老人保健施設 桑の実 内に
訪問リハビリステーションを開設

 ● 施設基準

一般病棟 15対1入院基本料 ( 47床)
看護補助加算 1
療養病棟 療養病棟入院基本料 1 ( 49床)
一般病棟 療養環境加算
療養病棟 療養環境加算 1
重症者等療養環境特別加算
脳血管疾患等リハビリテーション III
運動器リハビリテーション II
呼吸器リハビリテーション I
入院時食事療養 I ・ 入院時生活療養 I
ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
CT撮影及びMRI撮影(マルチ8列)
医療機器安全管理料 I
ニコチン依存症管理料
人工腎臓(慢性維持透析を行った場合 1)
導入期加算 1
透析液水質確保加算 2
検体検査管理加算 T
下肢末梢動脈疾患指導管理加算
認知症ケア加算 2
がん治療連携指導料
医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術(胃瘻造)
医科点数表第2章第10部手術の通則の5及び6に掲げる手術