● 院長あいさつ

 淀井病院は昭和 24 年開設された淀井医院から始まり昭和 32 年に病院組織となったもので、 それからすでに 60 年近くが経過し私が 4 代目の院長を務めております。
その間、高度経済成長時代も去り少子高齢化社会、超高齢化社会へと世の中は大きく変化し当病院の役目も次第に変化してきておりますが、地域の方々の健康を守るという医療の理念はいつの時代にも変わるものではなくこれからも皆様方のご希望に沿えるよう、また満足していただけるように努力していきたいと思っておりますので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


 昨年(平成 28 年)には大変うれしいことがありました。
当院は、初代院長の淀井強自身が腎不全のため血液透析治療を受けていたこともあって、昭和 47 年頃から透析治療に携わるようになりましたが、その当時昭和 50 年に当院で透析治療を始められ以後通院透析治療を続けておられました患者T.H.様が大阪腎臓病患者協議会より透析歴 40 年の長期透析患者表彰を受けられたことです。
昭和 50 年は私が医者になった年ですし、T.H.様は当初たとえ血液透析を始めても 5 年の命と思ってくださいと主治医より宣告されたそうで、まことに隔世の思いで感慨深いことであります。
当然のこととして、患者様ご自身の自己管理、自己養生が一番大事ではありますが、その後の透析医療の進歩、透析医療に携わる方々の努力、研鑽などが大きく貢献したことには間違いないものと思います。 さらにたくさんの患者様が表彰されることを心より願っております。

淀井院長 近影


平成 29年 1月
院長  淀井 省三